なぜshow学舎で成績が上がるのか

本当に本気でやったのか

1.頑張っているのに成績が伸びない。
2.成績の上げ方が分からない。
3.そもそも勉強しない。

塾選びの主なスタート地点です。
これら3つは違うようで同じ。

本気でやったか、限界までやったかということです。


本気でやる、限界までやるとは

【日常】
□休憩時間中、次の授業の準備を誰よりも早くし、教科書・ノートを開いているか
□授業開始・終了のあいさつは誰よりも大きな声で先生に聞き取れるようにしたか
□学校での音読(英語や国語)を誰よりも大きな声で先生に聞き取れるように読んだか
□授業中のリアクションは誰よりも先生に分かるようにしたか
□部活で疲れて帰宅した後も課題に誰よりも一生懸命取り組んだか
□土日祝も勉強時間をゼロにせず、たとえ30分でも勉強してきたか

【テスト前】
□学校のワーク・白プリは覚えるまで何度もテストしたか
□テスト前日、すべての不安要素を消してから寝たか
□テスト中、テストが終わる瞬間まで集中し続けられたか
□テストの休憩時間、次のテストに向けて1秒も無駄にせず準備したか
□テスト初日が終わって帰宅後、昼食をとってすぐに勉強を始めたか
□すべてのテストが終わった瞬間、次のテストのことを少しでも考えたか


どうでしょう。
今の君、今までの君は「誰よりも」本気だったと自信をもって言えますか?

show学舎の生徒は本気でやってます。
本当に頑張る子たちです。
でも元々は君と同じ普通の子でした。

できない理由なんかない

音痴でも大きな声で歌うことはできる
運動音痴でも全力で走ることはできる
字が汚くてもゆっくり書けば丁寧に書ける
成績が悪くても忘れ物をせず、提出期限は守れる
話すのが苦手でも、身振り手振りでリアクションはできる


暗記が苦手な子がいたとする。
いやいやいや。苦手なのではない練習不足なのだ。
show学舎では小学3年生も都道府県・県庁所在地をすべて暗記できる。
show学舎では小学5年生でも曜日・月・数字の英単語を暗記できる。

あれこれ言う前にテキストを開く。
なんだかんだ考える前に手を動かす。
それ以外に成績を上げる方法なんかありません。
そしてこれはいつでも、いつからでも、誰にでもできることです。

自分をぶち壊せ

君はいろんなことに勝手に言い訳をしていないか
できないのではない。
できることをせず、できるようになるまでせず、できない理由を並べているだけなのだ。


目立つと恥ずかしい、失敗すると恥ずかしい
いやいやいや、成績が取れないことの方が何倍も恥ずかしい
答案が返却されるとき点数を隠さないといけない方が何倍も恥ずかしい


そんな自分から脱皮しよう
今までの自分と違う自分に会ってみよう
君はまだ本当の本気を出していないだけ、本当の限界を知らないだけなのだ


成績を上げた自分を想像してみよう
喜ぶ自分、褒めてくれる家族、驚く友人・先生を想像してみよう
これほど幸せなことはない
これほど痛快なことはない


勉強がすべてではない
高校入試で人生が決まるわけではない
でも、君が受ける1回1回の定期テストも高校入試も
間違いなく君の人生に大きな影響を与えるのだ

show学舎が全力で君をサポートしよう

本気も限界も一人では、日常の中では決して到達できない領域です。

ドラゴンボールもワンピースもヒロアカも鬼滅の刃も、アニメでもゲームの世界でも
仲間がいて、ライバルや強敵がいるから成長し強くなっていく。
人の成長には「人」と「環境」が不可欠なのです。

これは部活も勉強も仕事も同じです。

君を変える熱い「人」たちがshow学舎にはいる。
君を変える「環境」がshow学舎にはある。

show学舎は自分を変えたい君を全力でサポートします。

受付時間

営業時間 日祝
10:00~22:00

※LINEの受付はいつでも可能
(時間帯により返信が遅くなる場合もあります)
※お電話の受付は10時から22時まで可能

LINE ID

showgakusya

QRコードをタップして拡大
QRコードのスクリーンショットで
LINEの友だち追加が可能です

powered by crayon(クレヨン)